2015.02.14 09:21

皆さん、こんにちは。

本日もご覧下さいまして誠にありがとうございます。

さて、先週からお伝えしておりますがバレンタイン目前です。
女性は送る準備、男性は貰う心構え、できてますでしょうか?

こちら店頭では春物がぞくぞく入荷しております。
そのため、今回はいつもに増して長くなりそうですが、お付き合い下さいますと幸いです。
af4898b24f5ee6685e87e173e50097b8639612a0.jpg

108583780a37be030d0ae417a4700353d7024286.jpg


【着用アイテム】

・35151I20090 M ALPHA LIGHT MA-1  ¥13,800+税
・35151A40190  M Cheap デニムシャツ  ¥7,000+税
・32151C40110  ハイネックプルオーバー  ¥3,990+税
・32151D70000 カラフルベーシック長袖カーディガン  ¥3,990+税
・32151F30030 セルビッチデニム 5ポケットパンツ  ¥8,990+税


まずはこちらのジャケット
3992577c5c9a0fd096b4e96a759b036af94d9fed.jpg


(COL:Khaki、Navy)

【ALPHA】のLight MA-1です。


f113874f4f5415fca66081e775961c836f5d8695.jpg


ブランドヒストリーとしましては
溯ること1959年。テネシー州、ノックスビル。当時の米国防省は、軍用ジャケットの見直しをアルファ社に依頼してきました。その時代、軍の使用における技術的な向上と実生活レベルのデザインの改良が必要とされたためです。より質の良い素材が開発、検査される度に、アルファ社はより高いデザイン性、品質性、信頼性のあるジャケットを作ってきました。その仕上がりは、気象条件と耐久性に打ち勝つ、より暖かく快適にデザインされた製品として高い評価を得ています。
今日、アルファインダストリーズは、世界中にその製品を製造し販売してきただけではなく、米国軍の優良な供給者として、さらには常に最先端なアイテムをデザインする先駆者としてのスタンダードを確立しています。
本格的なミリタリー仕様からタウンユースまで、アルファはクオリティとファッション性、革新的なクリエイティビティと製作知識において前線に立っているのです。紛れも無い事実として、アルファは試され、検証され、証明されているということ。
です。
MA-1と言えば防寒性もあるので冬といったイメージを持たれている方も多いと思いますが、こちらは薄手で肌寒い春にはかなり重宝する作りです。

素材も軽くて柔らかいタフタナイロンを使用しているので気軽に羽織れるのも良いですよね。




続きましてインナーのシャツ
8c3f5e5afc19258baf17849d9a107dd521a9da28.jpg

23bab0e856d36d0c02f83f0faa6a5ac8c810fc0b.jpg
a06440514f9f797483dbc7df24388d9807146623.jpg


(COL:Blue ONLY)

こちらは【CHEAP MONDAY】からの一着です。



cfa30f36ee2c4c97d1a812189e99abd1be1eec65.jpg

2004年、オリヨン(Orjan)がスウェーデンにてスタート。
チープマンデイ(Cheap Monday)はスウェーデンの首都ストックホルムにて2004年にオリヨン(Orjan)がスタートしたデニムブランド。

デザイナーであり創業者のOrjanは、デニム業界で10以上のキャリアを積み、デニムの歴史の講師などもしていたデニムマニア。

チープマンデイのスタート以前、Orjanは友人のAdamと共に、デニムと古着を扱うショップ「ウィークエンド」という週末の二日間のみオープンするストアをストックホルムで営業していた。(その後2002年、ショップはコンセプトを変え、毎日営業するウィークデイという名前に変更。)

2004年、このショップで販売されていたジーンズは高価であり、ファッショナブルでありながら、安いジーンズを販売できないかという想いからストアブランドとしてチープマンデイをスタートする。月曜日にだけ販売していたが、人気になり完売続きで手に入らないレアデニムとなる。
この年の終わりには海外への輸出も開始。


というぐらいCHEAP MONDAYと言えばボトムが有名ですがインナーとて侮れません、このシャツ

一見ブリーチされたデニムのシャツですが、なんと切り返しになっています。
素材感も軽い感じで春に袖を捲くるも良し、袖を下ろして切り替えを見せるも良しです。



そして穿いているボトムが
10859a76726a0aa6eac830947f07cba3d8d1320e.jpg


(COL:Light Indigo、One Wash)

こちらは新作のデニムです。

もうすでに昨年の冬ぐらいから海外ではデニム推しでしたが、色々なコレクションを見ていてもデニムのセットアップやターコイズのアクセサリーを合わせていたり、デニムが目立っていたのが印象的でした。

こちらのデニムは画像では見れませんが赤耳付きのデニムながらトップボタンが月桂樹のドーナツボタン、さらにビンテージ加工のされたボタンなので雰囲気抜群です。

シルエットも綺麗で、本格的なデニムを取り入れたい方にオススメです。

濃い色も薄い色も今から大活躍できるので持っていると間違いなく大活躍です。




さてさて、いつもであればここで締めるところなのですが本日は更に【青葉台店と高知店限定】のビッグネームのご紹介です!!!




【Paraboots】
もはや説明不要なぐらい巷では大人気なParabootsですが一応、

パラブーツの歴史は1927年、フランス・ヴォアロン地方の靴職人レミー・リシャールポンヴェール氏が滞在先のアメリカで入手した1足のラバーで覆われたブーツとともに帰国したときに始まりました。同氏はその靴をヒントに、ブラジルのパラ(PARA)港から直輸入されていた天然ラテックスを底材に使用した靴を着想。そして自ら立ち上げたブランドに、その輸出港の名からとった「PARABOOT(パラブーツ)」というブランド名を付したのです。そして、そのパラゴムを原料に独自のゴム合成法を開発し、特許を取得。こうして自社でラバーソールを製造する、世界で唯一のシューズメーカーが誕生しました。
堅牢で摩耗に強く、コンフォタブルな履き心地をもたらすオリジナルのラバーソールを備えたパラブーツの靴は、まず、一般労働者や消防士、郵便配達人、軍人らの間で支持され、ワークシューズとして世に受け入れられていきました。また、北極探検家ポール・エミール・ヴィクトール氏ら冒険家たちが愛用したことで、アウトドアシューズとしての地位も獲得。ことにオールウェザーで履くことができるノルヴェイジャン・ウェルト製法はパラブーツが得意とする製法となり、ラバーソールと並び、このブランドを象徴する技術となりました。


というのがPalabootsのルーツです。



まずはこちらの[MICHAEL]から。
b61c702e91af14994da649607428f9b0195c8081.jpgecfc37d45754135d8833a6d990b13563b11c0593.jpg

(Brown、Black)¥63,000+税



PARABOOTSと言えば、人気一位、二位を争うのがこのMICHAELです。

ブランドの創設者レミー・リシャール・ポンヴェールの息子で現社長の名前が品名になった人気モデル「ミカエル(MICHAEL)」。
スタイリッシュなモデルでオールソール交換が可能で長く使用することができます。




厚手の靴下を履いても難なく着脱できるように、靴紐を緩めると履き口が大きく開く設計になっているので日常使いされる方が多いのが特徴ですね。



続きまして[CHAMBORD]。

9eefd0c83d6a8ffd786ffdfa699e53bcb3299578.jpg
44fd7f5581f4e3370a32d33092ea2b95a820ae84.jpg
(Brown、Dark Brown、Black)¥63,000+税


こちらもMICHAELと並ぶ、もしくは一位と言っても過言ではない程の大人気を誇ります。

ソールにはもちろん、オリジナルの「PARA-TEX」ラバーソールを使用。
この底材は内容物のコルクとアウトソールとのわずかな隙間がハニカム構造になっており、そこに空気を溜め込むことで優れた衝撃吸収効果をもたらします。
そして製法は前述のノルヴェイジャン・ウェルトで、元来は登山靴用に開発されたとされるこの製法は約150もの工程を要し、グッドイヤー・ウェルト製法以上に靴を堅牢に仕上げることができます。
しかもシャンボードの場合、ウェルトがL字形に当てられ、そこに2重のステッチを施すという、いわゆるストームウェルトになっているため、アッパーとソールの境界部分から雨などが浸入しにくい構造なのです。
つまりシャンボードはオールウェザー仕様の傑作コンフォートシューズ
おまけにコーディネートの汎用性が驚くほど広く、ビジネスにもカジュアルにも合い、また、パンツの裾幅や丈も選ばず、ほとんどのスタイルに違和感なくマッチします。
これほどさまざまなスタイルに合う靴は、他にそうそうはありません。
このようにシャンボードはパラブーツの伝統的な個性のほとんどを兼ね備えた、魅力ある名靴といえるでしょう。


というまさにParaboots!といったデザインです。



最後は[AVIGNON]。

e4601ea22ee5889e947ebf92be85a461b68f9774.jpg
3b1d74b7373b93879b2a5c7774e6424585b9fa3a.jpg

(Brown)¥63,000+税


CHAMBORD、MICHAELと並ぶ定番モデルがこのAVIGNONです。
実はフランス国内では一番売れているロングセラーのUチップシューズで、木型はCHAMBORDよりもトゥポイントを細くしているため洗練された雰囲気です。
定番のコレクションのなかでは甲部分を低く、横幅を広めにとっているため、日本人の足型に合いやすい木型です。
ソールはグリップ力に優れるラバーを使っているため雨やコンディションの悪い路面にも十分対応する機能性を備えています。
無骨なイメージの強いパラブーツですが、このモデルはスマートさを併せ持つ逸品です。


というAVIGNON。

殆どが全天候型なのが特徴のParabootsで、靴に気を使い過ぎずに履けるのはかなり嬉しいですね。
お手入れさえすればかなり長く履けて愛着が湧くのも楽しいです。
是非とも店頭にてご覧ください。

※Parabootsに関しては青葉台店と高知店限定なのでご注意下さい。


さて、今回はボリューム満点で長くなってしまいましたがいかがでしたでしょうか?

続々と春物が入荷してきて、店頭が明るくなると共に僕たちの気分が高揚していくのを日々実感しています。
是非とも皆様も店頭にて気分転換をしてみて下さい。
きっと春の気分に誘われて心も軽くなりますよ。

スタッフ一同、心よりご来店お待ちしております。
それではまた次回。
 

Tags :
ソーシャルブックマーク:

PROFILE

プロフィール画像
7DS BLOG

CALENDAR

<<   2015年02月   >>
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

RECENT ENTRY

LINK